あなたもいますぐニキビのない美しい肌に!

ニキビの種類

笑顔の女性

ニキビは、どれも一緒だと思っていませんか?
実は、ニキビにはさまざまな種類が存在しているのです。
基本的に、色によって分けられているようです。
その中でも、たくさんの人を悩ませているのが「白ニキビ」です。
これは、角栓で塞がれてしまった毛穴の中に、皮脂が溜まっている状態のことを指します。
この白ニキビは、コメドと呼ばれており、見た目でもニキビができてしまったことが確認できる状態です。

このほかにも、黒ニキビと呼ばれる種類があります。
これは、毛穴内部に皮脂が溜まっている点では、白ニキビと同じです。
しかし、その溜まった皮脂が表皮から出ることによって、空気中の酸素に触れ、黒く酸化してしまうのです。
白ニキビがコメドと呼ばれているのに対して、黒ニキビは黒コメドと呼ばれています。

次に、赤ニキビです。
赤ニキビは、炎症を起こすことによってニキビが赤くなってしまった状態のことを言います。
ちなみに、正式名称としては、赤色丘疹と言うようです。
赤ニキビが発生してしまうと、場合によってニキビ跡が残ってしまう可能性もあります。
ですから、爪で潰したり、押し出したりするのは、避けたほうが良いでしょう。
赤ニキビは、基本的に炎症を抑えないことには完治できません。
状態によっては、抗生物質やステロイドなどといった医薬品が必要になる場合もあります。

さらに、黄色ニキビも存在します。
これは、炎症が悪化してしまうことによって膿んでしまい黄色くなったニキビのことです。
ここまで来ると、ニキビとしては重症と診断されますので、いち早く治療を受けることが必要です。

最後に、紫ニキビです。
これが一番ひどい状態と言えます。
炎症が極限まで悪化することによって、毛穴内部に膿と血が溜まり腫れてしまっている状態です。
紫ニキビが発生してしまうと、治癒したあともニキビ跡が残ってしまう可能性が非常に高いです。
こうならないためにも、早い段階でニキビ改善に努める必要があります。